ワイヤードランスの使い方・立ち回り方法

PSO2NGSのワイヤードランスの使い方や立ち回り方法を紹介。カッティングレイヤーやヴェインミクスチャーなどのPAの威力と消費PP、基本的な立ち回りなどをまとめています。

ワイヤードランスのPA一覧

アイコンPA威力消費PP
カッティングレイヤーカッティングレイヤー62025
ヴェインミクスチャーヴェインミクスチャー59028
タービュランストレインタービュランストレイン42020

ワイヤードランスのPA解説

カッティングレイヤー

アイコン威力消費PP
カッティングレイヤー62025

前方に、広範囲の連続攻撃をくりだす。

ヴェインミクスチャー

アイコン威力消費PP
ヴェインミクスチャー59028

激しく回転しながら、周囲のエネミーを切り刻んだ後、強力な一撃を放つ。移動しながら攻撃することもできる。

タービュランストレイン

アイコン威力消費PP
タービュランストレイン42020

激しく回転しながら、 縦方向の斬撃を放つ。

使い方・立ち回り方法

基本的な立ち回り

ワイヤードランスは、敵にダッシュアタックや武器アクション+移動入力で近づく→PAで攻撃するのが基本です。

強力な敵相手には、フォトンブラストを使ったり、アクティブスキル「マッシブハンター」使って強引に攻めてダメージを稼ぎます。

また、エネミーから少し離れた位置で攻撃するとカーソルがオレンジになる適正位置となり、ダメージが上昇します。

敵が単体の場合

敵が単体の場合は、カッティングレイヤーとタービュランストレインで攻撃するのがおすすめです。

PAと通常攻撃の範囲が広いので、Huパッシブスキル「アナザーアーツスキップアタック」「セイムアーツスキップアタック」を活かして通常攻撃のフィニッシュを当てるのも、高火力かつPP回復ができておすすめです。

エンハンスドエネミーなど、特定の部位を狙う場合はヴェインミクスチャーで巻き込むぐらいしか有効な手段がありません。

また、ワイヤードランス自体が単体相手に向いていないので、相手がボス1体だけなら他の武器に持ち替えるのもおすすめです。

敵が複数の場合

敵が複数の場合は、カッティングレイヤーとヴェインミクスチャーで攻撃するのがおすすめです。

PP回復は単体相手と同様に通常攻撃のフィニッシュでもいいですが、通常攻撃の範囲が広いので普通に通常攻撃して一気に回復しても良いです。