防衛クエストとは【8月実装】

PSO2NGSの防衛クエストを紹介。PSO2での防衛クエストや実装後の動向についてまとめています。

防衛クエストとは

防衛クエストは、8月に配信予定のクエストです。

詳細は公開されていませんが、防衛クエストという形でユーザーに発表したことから、旧PSO2での防衛クエストのようなイメージと推測できます。

実装前に公式生放送やお知らせなどがあるはずですので、情報公開を待ちましょう。

PSO2での防衛クエスト

敵の侵攻から塔を守る緊急クエスト

敵の侵攻から塔を守る緊急クエスト

PSO2での防衛クエストは、タワーディフェンスのような形でWaveで分けられた敵の侵攻から塔を守る緊急クエストです。

襲来・侵入・絶望などシリーズ化された緊急クエストで、1人1人役割をこなさないと失敗するやりごたえがある内容でした。

全体の動きを見ることが重要

PSO2での防衛クエスト

防衛クエストの特徴として、エネミーはもちろん他プレイヤーの位置など全体の動きを見ることが重要でした。

敵の出現タイミングや位置、どれだけの人数が待機できていてカバーに向かっているか、手薄な塔はあるかなどよく見て動く感じですね。

そのため、チャットや通話などのコミュニケーションや、事前にメンバーを集めて配置を決めるなどオンラインゲームっぽい感じで楽しかった気がします。

敵の処理方法も意識するようになった

一度の防衛戦でクリアする回数を増やすため、敵の処理方法も意識するプレイヤーが増えたと感じました。

敵の出現位置を覚えて吸引や置き技で倒したり、肩越し視点にして射程無限の攻撃や敵を掠めるようにして複数の敵を巻き込んだりといったことが流行りましたね。

また、これまでは需要が低かった敵のヘイトを集めるスキル「ウォークライ」にも焦点が当たり、塔に向かう敵を食い止める優秀なスキルとして使われました。

実装後の動向

防衛クエストは実装予定が8月、新クラス「ブレイバー」と新武器「カタナ」「バレットボウ」の実装も8月というところが気になりますね。

新クラスが適正であれば速攻で育成してから防衛に行く感じでしょうか。

8月4日まであるPSO2の9周年イベントで対雷属性の装備が整えられるので有効かも?って感じですが、スルーしている人も多そうではあります。

また、防衛クエストはどういった形式で実装されるのかも気になりますね。

予定だと秋までは目ぼしいアップデートは無さそうなので、緊急クエストで実装されたら緊急待機ゲーの未来ががが。

しばらくはおとなしく公式の情報解禁と雷雨を待ってみます。